松浦氏屋敷-旧小幡藩武家屋敷(甘楽町)

旧小幡藩武家屋敷松浦家

旧小幡藩武家屋敷松浦氏屋敷(群馬県指定史跡)は、主屋と庭園等が現存しています。松浦家は、江戸時代後期の18世紀末から19世紀初期ごろ建造され、建築当初、台所(土間)の西側に板の間、中の間、奥の間の3室を配置する間取りと考えられています。

主屋は木造2階建ての寄棟造で、梁行二間半(約4.5m)、桁行九間半(約17m)の上屋と北側に桁行1間半の下屋を付け、南側に梁行二間半・桁行三間半の指出部が設けられ、部屋割りは、十畳の土間、七畳半の台所、十二畳半の中の間、十畳の奥の間のほか、七畳半の納戸が中央に並び、六畳の納戸、六畳の勝手、六畳の台所が北側に、南側指出部には八畳の座敷が配置されています。屋根は現在、草葺の上をトタン葺きで覆っています。

松浦氏屋敷の南側に位置する庭園は、面積約617平方メートルの規模を有し、緩やかに傾斜した地形を生かして雄川堰より取水し、小堰によって庭園の中央を東西に湾曲して流れ、西端に設けられた排水口へと流れています。

松浦家屋敷主屋

松浦家屋敷主屋

松浦家屋敷の庭園

松浦家屋敷の庭園

観光地・施設情報

所在地群馬県甘楽郡甘楽町小幡734-1ほか
お問合せ先甘楽町社会教育課 文化財保護係
電話番号0274-74-3131
料金なし(外観からの見学)
時間常時、ただし日中など常識の範囲内で
定休日常時
駐車場なし
トイレなし
自販機なし
売店なし
その他
群馬県甘楽郡甘楽町小幡734−1

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 甘楽町, 碓氷・妙義・安中・富岡・藤岡, 見どころ・遊びどころ, 見る・遊ぶ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です