上三原田の歌舞伎舞台 国指定重要有形民俗文化財(渋川市)

渋川市・上三原田の歌舞伎舞台

上三原田の歌舞伎舞台は、字高井の大工永井長治郎が上方に修行に行き、帰郷後の文政2年(1819)、字大門の赤城山天竜寺内に建築したと伝えられています。

上三原田の歌舞伎舞台には、三方の板壁を外側に倒して、舞台面を2倍以上の広さにするガンドウ機構、舞台の奥に遠見と呼ぶ背景をつけ、奥行きを深く見せる遠見機構、平舞台いっぱいの回転部を回転さる柱立廻式廻転機構、二重と呼ぶ小舞台を天井・奈落の双方からせり上げ、せりおろすセリヒキ機構の4つの特徴を持ち、全国に例を見ない特殊な機構を持つ珍しいものです。

この上三原田の歌舞伎舞台は、掲載写真の様に保存されているため普段は外観のみ見学となります。
参考資料:渋川市教育委員会資料

観光地・施設情報

所在地群馬県渋川市赤城町上三原田乙269-1
お問合せ先渋川市役所 文化財保護課
電話番号0279-52-2102
料金舞台建物外観見学自由
時間常時
定休日常時
駐車場舞台近くに駐車スペースあり
トイレ
自販機
売店
その他
群馬県渋川市赤城町上三原田乙269

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 前橋・高崎・伊勢崎・赤城・榛名, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 渋川市, 見どころ・遊びどころ, 見る・遊ぶ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です