旧生方家住宅 国指定重要文化財(沼田市)

沼田市・旧生方家住宅(国指定重要文化財)

生方家は沼田藩の薬種御用達を勤めた商家で、城下町の本格的町家として東日本において稀にみる古い遺構として国の重要文化財に指定されています。

旧生方家住宅の年代は、17世紀末頃に建てられたとされ、その後、元治、明治、大正、昭和と改修され使用されてきました。旧生方家の建物は間口六間、奥行き十間、の切妻造りの板葺石置で、平面の主屋南面に「上みせ」「下みせ」「通り庭」を配し、東側「上みせ」奥に四室並べ、家の中央に二十畳の広い板の間が設けられています。かつて沼田市内の上之町にあったものを沼田公園内に移築保存しています。

旧生方家住宅「上みせ・下みせ」

旧生方家住宅外観から「上みせ・下みせ」

旧生方家住宅・上みせ

旧生方家住宅「上みせ」

旧生方家住宅「下みせ」

旧生方家住宅「下みせ」

旧生方家住宅「板の間」

旧生方家住宅「板の間」

観光地・施設情報

所在地群馬県沼田市西倉内町594 沼田公園内
お問合せ先沼田市教育委員会 社会教育課文化財保護係
電話番号0278-23-7565
料金大人100円/小中学生60円
※(生方記念資料館観覧料含む)
時間9:00~16:00
定休日毎週水曜日、国民の祝日の翌日(祝日が水曜日および火曜日の場合は木曜日)、年末年始(12月29日~1月3日)
駐車場あり(沼田公園駐車場利用)
トイレあり
自販機あり
売店
その他トイレ・自販機は沼田公園等にあり
群馬県沼田市西倉内町594

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 水上・奥利根・猿ヶ京・沼田・尾瀬, 沼田市, 美術館・博物館, 見どころ・遊びどころ, 見る・遊ぶ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です