富塚円福寺の宝篋印塔 市指定文化財(伊勢崎市)

伊勢崎市指定重要文化財「富塚円福寺の宝篋印塔」

円福寺は室町時代に那波教元の開基によって創建されたと伝えられる寺で、寺域は那波城の出城であった富塚城の一部と考えられています。

境内墓地内には中世の宝篋印塔が数基あり、その内二基が伊勢崎市の重要文化財に指定されています。この二基ともほぼ原型をとどめ、北側の一基は「勝巌塔」、もう一基(南側)は「喜阿宗秀」を判別することができ、それぞれ基礎部の反花や屋蓋部の馬耳突起などの彫刻から室町時代後期のものとされています。

那波教元の法号が勝巌であるため、勝巌塔が教元の墓(上写真の左)と伝えられています。

富塚円福寺本堂

富塚円福寺本堂

伊勢崎佐波観音霊場第五番「金剛山円福寺・如意輪観音」

伊勢崎佐波観音霊場第五番

観光地・施設情報

所在地群馬県伊勢崎市富塚町2337
お問合せ先伊勢崎市教育委員会 文化財保護課
電話番号0270-63-3636
料金なし
時間常時、ただし常識の時間帯で
定休日常時
駐車場あり
トイレ
自販機
売店
その他
群馬県伊勢崎市富塚町

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 伊勢崎市, 前橋・高崎・伊勢崎・赤城・榛名, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 見る・遊ぶ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です