旧黒澤家住宅 国指定重要文化財(上野村)

旧黒澤家住宅の外観

徳川氏が江戸に幕府を置いた時、現在の上野村、神流町(旧万場町、旧中里村)、および藤岡市鬼石町(旧三原村)の一部は幕府の天領となり、山中領として27代の代官が支配しました。山中領は、上山郷、中山郷、下山郷の三郷に分けられました。黒澤家は、三郷のうち上山郷の大総代を代々務めていた旧家です。

旧黒澤家住宅は、18世紀中頃の建築と考えられ、間口22m、奥行16mの総二階建て切妻造りで、座敷の数、3つある玄関と規模も大きく、当時の旧家の面影をよく残しています。

旧黒澤家住宅の茶の間

31畳の茶の間

31畳の茶の間は一部が吹き抜けとなっていてその広さに驚き、茶の間の奥にある大きく豪華な神棚に更に驚く。
旧黒澤家住宅の中段・上段の間

中段の間(手前)・上段の間(奥)

旧黒澤家住宅は、上段の間、中段の間、中の間、休憩の間が西側に配され、その4つの座敷から黒澤家の果たした役割の重要性をうかがい知れる。
旧黒澤家住宅の玄関

むらげんかん(中央)、奥に式台

旧黒澤家住宅は、大戸口、むらげんかん、式台と3つの玄関がある。一番奥には特別な客人を迎えるための玄関「式台」があり、「おしらす」と呼ぶ座敷が続いている。
旧黒澤家住宅二階部分

旧黒澤家住宅二階部分

旧黒澤家住宅の二階部分は仕切りのない広い板の間になっていて、かつては養蚕に使われていた。現在は展示コーナーとして民具などを展示。
※上野村教育委員会資料参考

観光地・施設情報

所在地群馬県多野郡上野村大字楢原200-9
お問合せ先(社)上野村産業情報センター
電話番号0274-20-7070
料金大人 300円/子ども 100円/小中学生 無料
20名以上の団体 大人 200円/子ども 80円
時間9:00~16:00
定休日毎週水曜日(祝日の場合翌日)、年末年始(12月28日~1月3日)
駐車場あり。川を挟んで場所に
トイレあり
自販機なし
売店なし
その他
群馬県多野郡上野村楢原200-9

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 上野村, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 碓氷・妙義・安中・富岡・藤岡, 見どころ・遊びどころ, 見る・遊ぶ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です