沈下橋(板倉町)

群馬県邑楽郡板倉町の沈下橋

板倉町は北に渡良瀬川、南に利根川と河川に挟まれ、水の恩恵を受けつつ度々洪水や水害に見舞われるなか、様々な工夫が行われてきました。その一つといえるのが谷中川に架かる中州をつなぐ「沈下橋」です。沈下橋は、ランカンがなく、コンクリート製の橋脚の上に木製の床を架けた橋で、水の抵抗も少なく、増水時には川の水面下に沈んで流されないようになっています。

沈下橋は、地元で「もぐり橋」とも呼ばれ、昔、谷田川流域で多く見られたものの、現在残されたのは通り前橋(写真)と北坪東橋の2つのみとなっています。

早朝の沈下橋

観光地・施設情報

所在地群馬県邑楽郡板倉町海老瀬
お問合せ先板倉町役場 産業振興課 産業政策係
電話番号0276-70-4040
料金なし
時間常時
定休日常時
駐車場なし
トイレなし
自販機なし
売店なし
その他※橋を渡ることはできません。
群馬県邑楽郡板倉町海老瀬

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 板倉町, 桐生・太田・館林, 見どころ・遊びどころ   パーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です