田山花袋旧居 市指定重要文化財(館林市)

田山花袋旧居

田山花袋旧居は、自然主義文学作家の田山花袋が明治11年(1878年)~明治19年(1886年)までのおよそ8年間住んだ家で、江戸時代末期の絵図によると、館林城内にあたる総郭(侍屋敷)の中の裏宿六番町に建てられてた秋元藩時代の武家屋敷のひとつです。

建物の面積は22.5坪(74.25㎡)あり、玄関の土間に続いて3畳、左手に8畳が二間、裏に4畳半の板の間と土間、東側に4畳の合わせて5部屋からなります。特に玄関東の4畳の部屋は田山花袋が勉強した部屋と伝えられ、花袋の小説「ふる郷(明治32年刊)」には「なつかしきこの家」と描かれています。

この建物は、昭和56年に保存と活用を目的に館林第二資料館に解体移築され、元々建物のあった旧居跡地は史跡公園として記念碑を建て保存されています。

田山花袋旧居

観光地・施設情報

所在地群馬県館林市城町2-3 館林市第二資料館
お問合せ先
電話番号0276-74-9665
料金無料
時間9:00~17:00
定休日月曜日、祝日の翌日、年末年始および臨時休館日
駐車場あり・尾曳駐車場(第二資料館そば)等利用
トイレあり
自販機あり
売店
その他トイレ・自販機などは公共機関内等にあり
田山花袋旧居

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 桐生・太田・館林, 見どころ・遊びどころ, 見る・遊ぶ, 館林市   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

田山花袋旧居 市指定重要文化財(館林市) への口コミ 1件

  1. ピンバック: 田山花袋旧居跡 市指定史跡(館林市) | 群馬県の観光スポット・旅行・温泉・地域情報「WEBGUNMA]

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です