永仁の板碑 町指定重要文化財(みなかみ町)

永仁の板碑(みなかみ町資料より)

永仁の板碑は、鎌倉時代に造られたもので、永仁□年(1293年~1299年頃)の銘が彫られています。この板碑は基礎がなくなっており、残存する高さは73.5cm、石質は緑泥片岩で、関東地方で板碑にはよくみられる石材を使用しています。

永仁の板碑は、天蓋(てんがい)の上には日天、月天が並び、梵字(種子)の下には蓮を挿した花瓶が2つあり、この様な花瓶が2つあるものは非常に数が少なく珍しいとされています。

なお、永仁の板碑の一般公開は行われていません。

大重院(下写真)

大重院本堂

■板碑写真:みなかみ町資料より

観光地・施設情報

所在地群馬県利根郡みなかみ町上津2313-1
お問合せ先大重院
電話番号0278-62-6833
料金なし
時間※一般非公開
定休日なし
駐車場なし
トイレ
自販機
売店
その他※大重院保管。一般には公開されていません。
大重院

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: みなかみ町, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 水上・奥利根・猿ヶ京・沼田・尾瀬, 見る・遊ぶ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です