一丁目の道標 市指定重要文化財(藤岡市)

一丁目の道標(藤岡市)

一丁目の道標は、天保3年(1832年)11月建立の道標で、当時路に迷う旅人が多かった三又路の便を計るため建立したということが道標の裏面に刻まれています。道標は当時、今の一丁目交差点から少し東(藤岡市藤岡447)へ進んだ辺りに建てられましたが、現在は増信寺の門前にあります。

道標は安山岩製で、高さは台座を含めて約210センチあり、書体は神田出身の書家横山鶴年(かくねん)の筆によるものとされています。

■関連ページ: 増信寺 応永の塔

観光地・施設情報

所在地群馬県藤岡市藤岡32
お問合せ先藤岡市文化財保護課
電話番号0274-23-5997
料金なし
時間常時
定休日なし
駐車場増信寺参拝者駐車場あり
トイレ
自販機
売店
その他
一丁目の道標(藤岡市指定重要文化財)

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 碓氷・妙義・安中・富岡・藤岡, 藤岡市, 見る・遊ぶ   タグ:   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です