旧戸部家住宅 国指定重要文化財(みなかみ町)

国指定重要文化財旧戸部家住宅

旧戸部家住宅は、建築年代は不明ながら18世紀前半頃と推定されています。旧戸部家住宅は、川場村にあった建物で、旧所有者からみなかみ町が買い上げて、解体移築し建築当初の姿に復元しました。旧戸部家住宅は、群馬県北部の農家建築として平面構成と構造の特異性が認められ国の指定重要文化財に指定されています。

観光地・施設情報

所在地群馬県利根郡みなかみ町湯原441
お問合せ先みなかみ町役場 教育委員会
電話番号0278-62-2275
料金大人 200円/小・中学生 100円、未就学生無料
水上歴史民俗資料館と共通
時間9:30~16:00
定休日月曜日・祝日、年末年始
駐車場あり
トイレ
自販機
売店
その他
旧戸部家住宅 国指定重要文化財

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: みなかみ町, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 水上・奥利根・猿ヶ京・沼田・尾瀬, 見どころ・遊びどころ, 見る・遊ぶ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です