タグ別アーカイブ: 群馬県の寺・神社

青蓮寺 岩松氏館跡(太田市)

青蓮寺は岩松山義国院と称し、新田・足利両氏の祖、源義国が創建したといわれ ...
青蓮寺山門
詳しくは...

義国神社(太田市)

義国神社は、八幡太郎源義家の三男 源義国を祭神とする神社で、古くは義国天 ...
義国神社
詳しくは...

岩松八幡宮(太田市)

岩松八幡宮は、仁安年間(創建1166~1169)の創建といわれ、新田義重が京都大 ...
太田岩松八幡神社
詳しくは...

生品神社 国指定史跡(太田市)

生品神社は、新田義貞が後醍醐天皇の論旨を受けて、元弘3年(1333年)5月8日 ...
生品神社拝殿
詳しくは...

真田信武の墓 成孝院(沼田市)

真田大学信武は、沼田藩四代藩主真田信政の三男で沼田に生まれ、正保2年(164 ...
真田大学信武の墓(成孝院)
詳しくは...

雲谷寺 五輪塔-新田義宗の墓 ・大杉(沼田市)

雲谷寺は、鎌倉時代の元徳2年、高平山と号し雨乞山中に開創され、のちの天正8 ...
武尊山 雲谷寺
詳しくは...

榊原康政の墓 善導寺 県指定史跡(館林市)

榊原康政は、天文17年(1548年)三河国上野(現在の愛知県豊田市)に生まれ、 ...
榊原康政の墓
詳しくは...

館林城主榊原忠次の母 祥室院殿の墓 市指定史跡(館林市)

館林城主榊原忠次の母「祥室院」は、下総国関宿(現在の千葉県野田市(旧東葛 ...
館林城主榊原忠次の母「祥室院殿」の墓
詳しくは...

館林城鐘 県指定重要文化財(館林市)

館林城鐘は、寛文13年(1673年)、館林城主 徳川綱吉が城内をはじめ城下へ時 ...
館林城鐘
詳しくは...

五宝寺の不動まんだら板碑 県指定重要文化財(館林市)

五宝寺の不動まんだら板碑は、当寺歴代住職の墓域内にあったもので、緑泥片岩 ...
五宝寺の不動まんだら板碑
詳しくは...